Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Pixivで1000ブクマされる! R-18BLエロ小説の書き方(3)なるべく早くエロにもっていく

ささ美です。

「Pixivで1000ブクマされる! R-18BLエロ小説の書き方」も三回目となりました。今回は構成に関わる、結構大事な話をします。「なるべく早くエロにもっていく」という話です。

 この世界には読みきれないほどの本があります。ネット上だけでも、数多くの読み物が存在していて……悲しいことに、人間の時間は有限です。どうしても読むものを選ばなければなりません。忙しい現代人は一度「求めているものはなさそうだな」と判断したら、すぐに読むのをやめてもっといいものを探しにいきます。
 判断されるのは最初の一幕。そうです。出だしはとてもとても大事なのです。
 では、その出だしに必要な「BLエロ小説に求められているもの」とはなんでしょう。答えは明確ですね、「エロ」です。というわけで、濡れ場を冒頭に用意してしまいましょう。
 クライマックスより濃厚にしてしまうと読後感に影響してしまうので、あくまでそこそこのエロさを目指しましょう。少しでも「あ、エロいな」と思わせれば著者の勝ちです、するすると読み進めてくれるはずです。
 文筆のプロは最初の一文でぐっと世界に引き込みますが、そこまでは求められていません。タイトルや事前情報で「BL」かつ「エロ」であることを自明にすれば、読者は始めのワンシーンだけでも読んでくれるはずです。そのワンシーンには十分気を使ってください。あなたの作品が読まれるかどうかが、懸かっています。

 サスペンスやミステリでよく冒頭に死体が転がされるのは、読者を引き込もうという策略からです。「え! どうして!?」と読者の興味を引いてから読み進めさせる、初歩的なテクニックの一つです。それをBLエロ小説に応用すれば、自然と導き出される答えでもあるんですけどね。

 どうしても出会いから書きたい! という人は、回想をうまく使いましょう。まずはセックスさせて「どうしてこんなことになってしまったのだろう。そう、あの出会いから全ては始まったんだ……」という便利な一文があります。「考え事をしているなんて余裕じゃないか」という攻めの一言ですぐ冒頭のセックスに戻ることもできます。

今日はここまで~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。